講師紹介

Instructors

― 講師紹介 ―

Kurt Carrカート カー

コネチカット州ハートフォード生まれ。幼少の頃から教会の礼拝に参加し、高校を優秀な成績で卒業。クラシック音楽とピアノを学ぶ為コネチカット大学に進学。この大学での音楽教育が非常に幅広い彼の音楽原点となる。

1985年にゴスペル・ミュージック・ワークショップ・オブ・アメリカ(G.M.W.A.)において、ゴスペル音楽の王と呼ばれるジェームズ・クリーブランド牧師と出会ったことにより、類い稀なる才能を認められ、音楽ディレクターに就任。
ジェームズ・クリーブランド牧師が1991年に亡くなるまで、牧師と共に世界中をツアーして回った。
ロサンゼルスに基盤を持つ18,000人のメンバーからなるWest Angeles Church Of God In Christの音楽ディレクターに就任し、毎週日曜日に300名を超えるクワイアを指揮。
スティービー・ワンダー、ナタリー・コール、デンゼル・ワシントン達と共に活動する。

1991年に初めて自身のアルバム「Together」をリリース。以来、「The Presence of the Lord Is Here」「I Almost Let Go」 「I Never Lost My Praise」「God Great God」「Be Blessed」などをはじめ、ブルックリン・タバナクル・クワイアに提供してグラミー賞を受賞した「For Every Mountain」、ミリオンセラーとして、アメリカレコード協会金賞を受賞した「Awesome Wonder」からのスマッシュヒット、日本では御馴染みの「 In The Sanctuary」など、多数のヒットソングを世に送り出す。

ビルボード誌TOP10に50週連続ランクイン、8つのステラ賞とGMAダブ賞を受賞、ゴスペルの殿堂入りを果たし、2度のグラミー賞ノミネートなど数々の受賞を重ねるなど、ゴスペル界を牽引する存在となる。

マライヤ・キャリー、アレサ・フランクリン、ナンシー・ウィルソンなど、多くの著名なアーティスト達と共演。また、TVや映画“ルーツ”、“風と共にさりぬ”などのサウンドトラックにも数々の楽曲を提供するなど、多方面でその才能を発揮する。

木村HIRO洋幸
(企画者)

幼少の頃より、ドラムを始める。高校在学中に自己のバンドでライブ活動を始める。
高校卒業後日本ブルース界の巨匠、近藤房之助のバックバンドとしてデビュー、その後数多くのアーティストとコンサート、レコーディング等を経験。
21才の時、ヴォーカル(人の声)の魅力に惹かれてヴォーカリストに転向、ライブ、コンサート活動でヴォーカリストとして高い評価を受ける。
その後ラニーラッカー氏のもとでゴスペルを学び、2000年よりゴスペルディレクターとして多くのクワイアを指導、同時に自己のクワイア「HIRO’s MASS CHOIR」を結成。
2014年、カート・カー氏を招聘し1回目のワークショップを成功させる。

Katsu Shijima
(主催者)

関西を中心にゴスペルを指導し、全国を通して活動しているプロのゴスペル・ソウルシンガー。
幼少の頃より、家庭では 70 年代~80 年代のブラック・ミュージック、ソウルが流れている当時では珍しい環境で育つ。
中学生の頃からギターに触れ、バンド活動を行い、並行してアカペラなども学ぶ。ブラック・ミュージックの根源であるゴスペルを追求したく渡米を重ね、現地の黒人教会に足を運び、独学でゴスペル唱法を身に付ける。その日本人離れした類まれな歌唱力は高く評価され多くの観客を動員する。
The Faith Mass Choirでは代表のみならず現役講師としても活躍、また自らがプロデュースするゴスペルグループ“Jacoo Gospel Singers”(ジャコー・ゴスペル・シンガーズ)の代表。
ゴスペル、ソウル、R&B など、ブラック・ミュージックに幅広く精通し、自身のソロステージも積極的に行う。 またイベント・プロデューサーとして数多くのコンサートやイベントを開催、海外アーティストの招聘など活動の幅は広い。

Katsu Shijima
(主催者)